アミノ酸シャンプーはノンシリコンのものが多い | アミノ酸シャンプーランキング〜親子で使える本当におすすめのアミノ酸シャンプー〜






アミノ酸シャンプーはノンシリコンのものが多い

安心安全なアミノ酸シャンプーは親子におすすめノンシリコンシャンプーという言葉を耳にする機会が増えてきました。
ノンシリコンと言われると、確かに身体に優しいような気はしますが、そもそもシリコンとはどのようなものなのでしょうか?


シリコンとは、コーティング剤の一種です。
このシリコンは、キューティクルに吸着してサラサラとした滑らかな指通りを実現するということで、石油系シャンプー(高級アルコール系シャンプー)に含まれていることが多いようです。


石油系シャンプーは、ラウリル硫酸系などの脱脂力の強い洗浄成分を使用しているので、シャンプー後にどうしてもシリコンで髪をコーティングすることが必要になってくるんですね。
でも、このシリコンは、あくまでもコーティング剤としての機能しか持っていないので、傷んだ髪を修復するような作用はないんです。


アミノ酸シャンプーのように、頭皮に優しい弱酸性のアミノ酸洗浄成分を使用していれば、ノンシリコンでも十分、指通り滑らかな使い心地が得られますよね。
だから、アミノ酸シャンプーはノンシリコンのものが多いんです。


以前、アミノ酸シャンプーを切らしてしまった時に、とりあえず試供品でもらって家にストックがあった石油系シャンプーを使って対処したのですが、久しぶりに石油系シャンプーを使うと洗い上がりが妙にツルツルで、これがシリコンの力なんだと再認識したことがありました。


シリコン入りのシャンプーは、確かにノンシリコンシャンプーに比べるとサラサラになるという即効性はありますが、使い続けていると頭皮の毛穴詰まりの原因にもなりかねませんし、家族で使うシャンプーならばやはりノンシリコンが安心です。



アミノ酸シャンプーで頭皮のケアをしっかりと行っていけば、わざわざシリコンでコーティングしなくても、潤いのある美髪は作れます。洗い上がりの良いノンシリコンシャンプーを探している人はアミノ酸シャンプーで検索してみると、ノンシリコンでも満足できるシャンプーが見つかると思いますよ^-^。


ただし、シリコンはそんなに毛嫌いするほどの悪い成分ではなく、人体にはかなり安全性の高い成分ですし、例えば毎日ヘアアイロンをかける人にとってはシリコン入りのシャンプーやトリートメントを使ったほうが髪には優しい場合もあります。
シリコンを問題視するのではなくシャンプーの洗浄成分のほうを気にしたほうが個人的にはより家族のためにいいのではないかな・・と思っています。



PR 検索
管理人はこんな人
親子で使えるアミノ酸シャンプー管理人一押し 管理人:neco
30代前半の現役ママ。
娘の出産をきっかけに赤ちゃんや子供の髪と肌に優しく、洗浄力もちゃんとあるシャンプーを追い求め、アミノ酸シャンプーに辿り着く!
アミノ酸シャンプーと聞けばとりあえずまずは自分で試して、本当に良いものだけを子供と一緒に使っています。
このサイトでは管理人が色々試したアミノ酸シャンプーの中でも選りすぐりのものをランキング形式で紹介中です。
uruotte(うるおって)管理人使用感まとめ uruotte-banner HARICOC(ハリコシ)管理人使用感まとめ haricoc-banner mogans(モーガンス)管理人使用感まとめ mogans-banner